イシイ産業について

主な業務内容として卸売業務を行っています。また、千葉県の食品にフォーカスし販売等を行っています。なぜこのような取り組みを行っているのかというと、当社を構えている千葉県で特産品などの商品づくりを地元の生産者の方々とともに行っていこうという考えがきっかけでした。また、軸としてつながりを作るということに重点を置いています。千葉県内のいい素材を集めその素材を用いた商品のプロデュースを行います。それに伴い受注から配送までの機能を持っている強みを活かし売り先や打ち出し方を検討します。そして、千葉県内で地産地消することを目指すと同時に地域外にも売れるように販売方法を模索します。これらを行うことが「地域との取り組み」を築いていくことに繋がります。
特に今取り組んでいることで新玉ねぎを使った町との共同開発プロジェクトを行っており、これを通して町の活性化に努めています。

千葉県で作った食材や商品の提供について

提供している食材については筍、栗、玉ねぎなどで商品では麦ごはんやイノシシ鍋のスープ、九十九里の塩、かつおぶし、佃煮などがあります。このような地域の食材を見つけるために道の駅や地域の人に聞き込み調査を行います。調査を行い、良いなと思った食材を見つけて製造している企業に飛び込み営業を行うこともあります。また、規格外の食材などはレストランなどに安く売ったりすることもあります。

そのほかに地産商品の新しい食べ方の提案も行っています。例えば規格外の梨をたれの材料として活用したり、地域ではサラダにしか活用しなかった玉ねぎをハンバーグの材料に使うなどの提案も行いました。この様な提案が地域の人々との信頼関係を作ることに繋がり新しい食品の活用方法を生み出し地域活性化の手助けにもなります。

実際の取り組みで感じること

商品提供の点で店舗に置く商品の品ぞろえの提案に苦労しました。また、そのテーマにあった食材を提供してくれる農家探しにも苦労しました。外部企業との取り組みとしてレモン祭りなどのイベントの催しを共同で行いました。その取り組みを通して企業同士の関係づくりにも繋がりました。そして、これらの取り組みをより強化するためにコンサルタントを迎えアドバイザーとして意見をいただいています。
例えば規格外品の活用方法についてや新たな注目している食品を受け持つチーム作りについて議論を行っています。
 

イシイ産業として進めていきたいこと

今後より強化していきたいこととして、市や町との取り組みを深め信頼関係を築きながら新たな千葉県の食品に対するチームを作りたいと考えています。
また、今まで関わっていなかった市町村と取り組みを行い最終的には千葉県全部の市町村と地域の食材や特産品を活かした取り組みを行いたいと考えています。

今後の課題として新たな調味料を発掘したいと考えています。そのために市の産業科などに赴きお話を伺ったり、地域のネットワークをたどることなどを行っています。
今後、千葉県の食材を活かしたプロジェクトを通してさらなる活動の向上を目指していきたいと考えています。